借地権を利用した物納

もし相続が発生して、その空き家の評価額が高い場合があります。
そうなると相続税が高いので、払えない場合があるでしょう。
それでも、その家を残したいなどということがあります。
その空き家がアパートなどで、入居者があるなどです。

結果的には借地権を利用して、物納をするということです。
土地と建物の所有権を分離して、
建物は相続人出資の会社所有、土地は相続人個人所有とし、
土地だけ物納する、ということはできます。

物納の条件はなかなか難しいのですが、
おおむね条件に適った土地は物納が可能、ということになります。
一方建物の物納はかなり困難なため、
上記のような定期借地権を利用したスキームとなるわけです。

税金など厳しいもので、
一定期間内に、現金で納めてくれ、というのが原則ですが、
借地権の上の建物だけでも残ったらいいからそうしたい、というのであれば、
こういう方法もあります。
詳しくはこちらまでご相談ください。