共有の空き家

しばらく休んでいました。

さて、親が亡くなって、相続人が複数の場合、
空き家はどうなるのでしょうか?

まず、空き家も含む相続財産は、共有になります。
そうすると、Aさんが亡くなって、相続人がB,S,Dの3人いるとしますと、共有持分は3分の1となります。

この場合、Bさんの3分の1の持ち分だけ第三者やC,Dに譲渡してもいいですし、それはBさん単独で決定できます。

しかし、この家を第三者Eさんに売るとしますと、
当然共有物を処分するのですから、B,C,Dの3名の同意を得ないとできません。
同意を得るのは、なかなか難しいことも多いです。

もちろん、この家を相続するときに、単独名義にしておけば、争いは少ないのです。

当方で、遺産分割協議書を作成することもできます。