武生

今年の春、桜のころに、北陸、福井県越前市武生に行きました。
これもまた空き家の件です。

湖西線から北陸本線へ。特急サンダーバード。
その武生駅で降りてびっくりしました。
寂しい駅前。アルプラザも人はまばら。
人もそんなに歩いていません。
そしてたくさんの空き家、廃屋。
地方はこんなに廃れてるのか、と思いました。
桜のころの、観光客でいっぱいの京都駅を離れると、こんな世界もあります。

もちろん、国道とかバイパス、インター沿いなどは、それなりに栄えているかもしれません。
郊外型の、駐車場の大きい、全国チェーンの店とかはあるのでしょう。
それでも車依存だから、そんなに人が歩いてにぎわって、でもなさそうです。

人口が減ってるのに、新築の家をばんばん建ててるので、こういう廃屋群ができてきます。
地方は人口規模も小さいので、こういう現象が強く出てきます。
武生の活性化ということで、こういう駅前付近の空き家がうまく使えるといいんだけどねえ。
ついでに、所有者とうまく交渉したら、安い値段で住めるのでは、とも思えますね。