田舎の家をただでも売るか

田舎の空き家で、土地を買って家を建てるのに、それなりのお金がかかっている場合もあるでしょう。
その家が、空き家となって、その維持が大変な場合もあります。
固定資産税も掛かります。
また家は使わないと傷んできますので、維持管理の面からも手間がかかります。
その家に行くまでの交通費や時間が馬鹿にならないこともあるでしょう。

それで、処分したいという場合も多いです。
しかし、とにかく田舎のため、評価額より実勢価格がかなり下がる場合もあります。
場合によっては、ほぼ無償に近い金額でしか売れない場合もあります。
取得価格と比較して、かなり低いため、もったいないと思うかもしれません。
さて、どうしたらいいのでしょうか?

家に対しては、いろいろな考え方があると思います。
親の家、生まれ育った家、その地域とのつながり、多々あるでしょう。
しかし、資金や手間の点でいえば、安値でも売ってしまったほうがいいといえます。
税金や維持費もばかになりません。
維持に手間のかかる家です。
そういう資産をもう1つ余分に持つかどうか、という問題でもあると思います。

その田舎の家をとりまく諸条件を考えていくと、正当な答えが見いだせるものと思います。
それではまた。