幽霊マンション

近頃は不動産投資がはやっていますね。
属性のいい人に、銀行がどんどん融資をしています。
おかげで、物件価格も上がり、不動産投資が過熱しています。
高い物件でも、融資が付くから買い手が現れます。
これで空き家が高く売れたらいいけど、必ずしもそうではありません。
高く売れていくのは、投資物件であるマンション・アパートです。

しかし、日本は人口が減っていきます。
世界的にも先進国の人口は減少傾向です。
民泊などに転用するのにも、限界があります。
そのため、物件は乱立するが、空き部屋も増える、という具合になります。
うまく集客できなければ、朽ち果てたマンションが残る、ということになります。
もし物件で自殺や殺人事件でもあったら、目も当てられません。

自宅の近くには、そういうマンションもありまして、
心霊スポットとして紹介されていたりもします。
当然そのマンションは「大島てる」にも載ります。
そんなところには、だれも入居したくはないでしょう。

幽霊マンションは怖いものです。
犯罪の温床になったり、不法投棄があったりします。
しかも、解体するのにも、木造よりも多額の費用がかかります。
解体・売却に失敗したら自己破産、ということになりかねません。

不動産の購入も、よく注意しないといけませんね。
いまはやたらと物件を増加させる時ではないのかもしれませんね。