この家を民泊にできますか

いつのころからか、京都にたくさんの外国人観光客が来るようになりました。
民泊したい、宿泊業の許可を取りたい、そんな依頼も出てきました。

南区のUR住宅でも、よく外国人観光客がガラガラとキャスタ回して、泊まりに来てはるということです。
他にもトラブルをよく見聞きするようになりした。

でも、これは不景気日本における、まだら好景気の1つであり、特需です。
それで、この機会に、空き家を直して民泊にしたい、という流れがあって当然です。

しかし、その空き家は民泊にできるでしょうか?

都市計画法によって、それぞれの地域は、用途区域に分かれています。
それで、その用途区域によっては、宿泊施設の許可が取得できない場所があります。
来年にも、旅館業法に対する新法ができるということで、民泊全面解禁となるようですが、
それまでは、一部の区域では民泊ができない、ということになります。
京都市は、そういうところはわりと厳しいです。
見つからんかったらいい、というわけでもなくて、
ご近所がやたらうるさい場合があって、市に苦情が行く、それで注意を受ける、ということがあります。
書類送検された人もいます。

民泊については、今の段階では、まずそれが許可としてできるかどうか、良く調べないといけませんね。